お料理

コンセプト

すべては素材の味を最大限に引き立てるために

生クリームやバターを極力使用せず、日本料理の食材やワザを存分に盛り込んだフレンチ・ジャポネスタイル。それは、「もっと素材本来の美味しさを伝えたい」というシンプルな願いから生まれました。そこへ会席料理の献立を取り入れたのが、RAVIMANA“KAISEKI”です。老若男女、集まられたすべてのゲストに喜んでいただくことを目指したヘルシーで美味しいお料理を、お楽しみください。

全員の記憶に残る“一生忘れられない料理”を目指して

ウエディングの料理は、一生に一度だけの特別なメニュー。ですから、おふたりにとってもゲストにとっても、“一生忘れられない料理”を目指しています。おふたりの好物やふるさとの食材、思い出の料理…。夢やこだわりが詰まったオンリーワンのメニューを、シェフ・パティシエともども、全力でお手伝いいたします。

忘れえぬ繊細

料理は、お皿に描かれたアートであると考えます

美しい写真や絵画は、人の心を強く動かします。お料理も同じ。味はもちろん、まず目に飛び込んでくる鮮やかな色彩や繊細な細工が、人の心に深く刻まれるのです。お皿を前に、ほころぶ笑顔。それこそが、私たちが料理を作る糧と言えます。

忘れえぬ熱

あつあつの料理は、温かい想いを届けてくれる

100 名分を超えることもある、婚礼料理。ゲストが何名であっても、温度管理に妥協はありません。それは、出来立ての料理に勝るものはないと知っているから。蓋を開けた瞬間立ち昇る、湯気と香り。おふたりに変わって、温かい想いをお届けします。

忘れえぬ物語

一品一品に込めた、おふたりへの祝いの言葉

ミルフィーユには、「千枚の葉」という意味があります。数え切れない数の幸せを、おふたりで積み重ねてほしい。そんな願いを込めた一品が、「帆立貝と鮪タルタルのミルフィーユ仕立て」。婚礼料理は、私たちからおふたりへの祝辞でもあるのです。

忘れえぬ贅

晴れの日のメニューには、“非日常”を香らせて

記念日となる1日だからこそ、普段食べられない食材を食べてほしい。そんな想いから生まれた一品があります。フォアグラやトリュフといった高級食材を、馴染みのある「茶碗蒸し」仕立てに。非日常感だって、ゲストへのおもてなしなのです。

忘れえぬ驚き

大切な人への感謝を伝えるサプライズの一皿を

お父さんが育てた野菜を使った料理。お母さんのレシピを再現したハンバーグ。「一生に一度のメニュー」にふさわしい特別な一皿で、これまでの感謝を伝えませんか。メニュー表にはない内緒の一品に、会場中が温かなサプライズに包まれます。

思い出ごはん

思い出のご飯料理を温かな記憶とともに

会席料理の献立にならい、シメにはご飯料理をご用意しています。炊き込みご飯や、明石鯛の鯛飯。その他、おふたりの思い出に残るご飯料理を再現することも。思い出のエピソードとともに振舞えば、絆を深めるオリジナルメニューに。

デザート

一番最後にかける魔法。それがデザートなのです

お腹いっぱいの人を、もう一度笑顔にする魔法。それがパティシエの使命。見た目・香り・味・温度、全てがベストな状態で初めて感動を与えられるのです。一瞬の妥協も許さないタイミング。私たちはそれを、デザートの賞“美”期限と呼んでいます。

こだわり素材

最高の食材を探し求める、シェフの終わりなき旅

地元兵庫を中心に、全国から取り寄せる厳選食材。全てはシェフが直接生産者を訪ね、自分の舌で味を確かめたものばかりです。時には飛び込みで農家や漁港へ赴き、何度も通ってお願いすることも。より良い食材を求めて、旅はまだまだ続きます。

ウェディングケーキ

幸福な結婚式を象徴する、世界にひとつのケーキを。

ひと組ごとにオーダーメイドでご提案するウェディングケーキ。好きな色や季節、子供の頃の夢、思い出のデート・・・おふたりとの会話をヒントにデザインするケーキは、世界にひとつだけのオリジナルです。「ふたりらしさ」でゲストを笑顔にする、幸せな結婚式。パティシエが腕をふるってお待ちしています。

オリジナル引き菓子

ゲストのみなさまに感謝の気持ちも込めて・・・

ゲストに直接お渡しする引き菓子は、おふたりの感謝の気持ちをお伝えする大切なアイテム。ゲストがお帰りになられてからも「良い式だった」と振り返っていただけるよう、RAVIMANA神戸オリジナルの引き菓子をご用意しております。

週末のおすすめブライダルフェア

平日・他の週末のフェアはこちら

公式HPからのご予約が一番お得